初詣 お正月 篠原八幡神社 新年の御祈願 御札 御守り 参拝  新横浜 菊名駅下車
Information
ホーム > 初詣 お正月

篠原八幡神社お正月初詣お参り神奈川県横浜市港北区新横浜菊名駅下車篠原神社

新横浜の街並みが一望できる
八幡山 山頂  篠原八幡神社



   謹 賀 新 年
 お正月  初詣






鳥居からの御来光
(初日の出)
鳥居から日の出が
見られることがあります


詩でつづる
日本神社百選

  
  大晦日 元旦

up/118605/__0.jpg
   
   御神楽
                ※画像をクリックすると拡大して表示されます。



初詣では、ありがたい御利益や縁起物を授かりたいものです。その一つである「御札・御守り」は神様の分身を授かるものといわれています。年の初めに、自分の身近に神を招き寄せたいという願いから発想されたようです。


御札(おふだ)=新しい御札は神棚か、部屋の高い位置に納めるようにしましょう。神社の御札は重複して持つことが許されています。何枚授かっても問題はなく、返すときも、授けられた神社でなく、別の神社でも構わないそうです。


初詣で授かった縁起物は、その年の暮れの打ちに神社の納札所に返すのが正式ですが、初詣の時に納めて、新しく授かってもよいそうです。


御神矢(ごしんや)破魔矢(はまや)=矢尻を家の中の鬼門(東北や西南)にむけて飾ります。魔を除けて、一年の無病息災を願います。屋外の場合は軒下に納めます。置物になっている場合は、床の間や家具の上に飾ります。煩悩と魔を打ち、夫婦円満に霊験が有り、邪心を取り除いてくれるといわれています。


おみくじ=引いたおみくじは、全ておみくじ結びに 結ぶものと思われがちですが、これは間違いです。吉と出たおみくじは持ち帰り、神棚に納めたり、携帯して一年のお守り札とします。また、凶が出ても、万事に用心しなさいという警鐘なので、この場合は結んで流しましょう。この時に「修行をする」という気持ちを込めて左手で結ぶのが正式と言われています。毎年、古いおみくじは納札所に納めるのが作法です。

※凶をひいた場合は三度まで流せます。つまり、引き直しが可能なので、気になれば、手水をやり直して身を浄め、もう一度おみくじを引きましょう。


絵馬(えま)=神社に奉納して、神様のご加護を頂くものです。古来、馬を神に捧げるという習慣から始まったといわれる絵馬。現在の板絵馬には願い事、自分の干支、性別、名前、数え年などを書いて、持ち帰らずに絵馬堂に奉納するのが正式な作法となっています。


CONTENTS



■所在地

〒222−0026
神奈川県横浜市港北区篠原町2735

■TEL・FAX

045-421-0859

電話受付は
9時~17時までに
お願いします


■
御祈祷時間

9:00~16:30前後



   
  QRコードから
  アクセス




  



  社殿祈祷
   お宮詣り
   七五三詣
   厄除祈願
   家内安全
   交通安全
   商売繁盛
   工事安全
   安産祈願
   学業成就
   合格祈願
   病気平癒
   必勝祈願
  神前結婚式
  

出張祭典
   地鎮祭
   入居祓い
   家祓い
   事務所祓い
   竣工祭
   開業祓い
   上棟祭
   清祓い
   井戸埋め祭
   抜木祭
   祖霊祭
   神葬祭


 その他の
 ご祈祷も承ります。


御祈祷待合所 
駐車場もございます。


一般祈祷の初穂料は
5,000円よりお気持ちで
お納め頂いております。

会社 団体での
個別祈願を申し込み
の方は前もって
お申し込み下さい。

初穂料は
1万円よりお気持ちで
お納め頂いております




正月
(新年のお祓い)
1月 元旦~3日
日、祝日

御祈願の予約は
必要ありません。
当日、受付で
お申し込み下さい。


駐車場もございますが
元旦~3日

混雑が予想されます。



カーナビで検索する
と正確に出ない
場合があります
交通案内 地図
バーチャル道案内

ご覧下さい。

交通案内 地図
バーチャル道案内





|  ホーム  |  八幡神社について  |
各種御守  |  社殿祈祷  |  出張祭事  |
 |  神棚/神礼  |  交通案内  | 七五三詣  |
 厄除け  |  安産祈願  |  初詣 | お祭り

ページ上部へ